〇川辺川ダム問題(熊本県)

◇2020年11月22日
1.川辺川ダム問題との関わり
  川辺川ダム問題には、1999年に八代市民T氏から依頼を受けたことをきっかけに、十年余りにわたって、どっぷりと関わりました。
  テーマは「漁業権でダムを止める」でした。大変な苦労をしましたが、川辺川ダム建設を止めることができ、更に、荒瀬ダムの撤去も勝ち取ること
 ができました。
  川辺川ダム・荒瀬ダムへの取り組みは、共に苦労した、三室勇・木本生光・小鶴隆一郎氏との共著『よみがえれ!清流球磨川』(緑風出版,2011)に
 まとめています。
  私としては、同書の上梓をもって、川辺川ダム・荒瀬ダムへの取組みは一段落したつもりでした。
  ところが、ご承知のように、昨年の球磨川水害に伴い、川辺川ダムの計画が再浮上しています。今度は、通常のダムではなく、流水型ダム(穴あき
 ダム)として計画されているようです。穴あきダムなら、普段は川の流れを止めることなく、そのまま流すので、漁業や環境への影響が小さくて済むと
 の理由からです。
  再浮上に関する西日本新聞の記事を次に掲げます。
  川辺川ダム建設、国に要請
   2020.11.22西日本新聞記事

  川辺川ダム計画が再浮上しても、主として治水問題として議論されているので、今本博健京大名誉教授にお任せしておけばいい、と思っていました。
 山形県小国川ダム(これも穴あきダムです)をつうじて存じ上げており、とても信頼できる方と思っているからです。
  しかし、一昨日11月20日に小鶴隆一郎氏から電話連絡があり、球磨川漁協の総会が11月30日に開かれ、総代会制度の廃止が議決されようとしているので
 助言してほしいと依頼されました。総代会制度の廃止は、川辺川ダム建設に関連して目論まれているようです。
  実は、川辺川ダム問題への関わりでは、1999年以来十年余りの間に信義にもとる行為をいくつも経験したため、再び関わる気持ちにはなれないのです。
  しかし、数少ない信頼できる方である共著者の小鶴氏からの依頼ですので、「以前のようにどっぷり関わることはできませんが、資料を送ってもらえば、検討
 して私見を述べることくらいは引き受けましょう」と言いました。小鶴氏も「信義にもとる行為」をご存知なので、その方針を理解してくれました。
  そこで、11月30日の球磨川漁協総会の資料が送られてきて、検討し、先ほど私見を送りました。
  漁協総会の資料は次の通りです。
   201130球磨川漁協総会資料
  私見は、11月30日総会終了後に掲載することにします。

◇2020年11月27日
 1.球磨川漁協11月30日総会は中止に
  昨日、小鶴氏から連絡があり、球磨川漁協11月30日総会は中止になったそうです。
  昨日午前10時頃に小鶴氏が私見を熊本県にファックスで送ったそうです。熊本県は、あくまで総会議案は違法ではないと言っていたそうです(おそらく漁協
 と打ち合わせたうえで総会開催が企てられていたのでそう言い張るしかなかったのでしょう)が、午後、球磨川漁協の緊急理事会が開かれ、総会開催中止が決め
 られたとのことです。
  約900名もの組合員を抱える漁協で総会を開くのは大変なことで、準備には多額の労力とお金が必要です。それをわずか四日前に急に中止するとは、きわめて
 異例なことで、ファックスに起因していると見るほかないでしょう。
  総会が中止になったので、30日を待たずに私見の文書を次に掲げます。
   球磨川漁協定款変更には総代会決議が必要

  水産庁には11月24日に電話して話しましたが、「定款変更も総会決議で決めれば総代会決議は不要と考えるが、1,2週間検討させてほしい」とのことでした。
  そのため、22日作成の私見文書をもとに『水産業協同組合法の解説』をより子細に検討してまとめたのが上掲の25日私見文書です。スッキリと分かり易くまと
 められたので、誰が読んでも納得していただけると思います。
  水産庁は、つい先ほど12時頃に連絡してきて「やはり総会で決議できるということになった」とのことでしたが、「私見を読んでいただければば分かります」
 と言って、私見文書をファックスで送っておきました。
 2.知事が撤回や容認を決めるとの報道は「国民主権」に反する
  川辺川ダムの再浮上に関し、マスコミでは「蒲島県知事が2008年にダム白紙撤回を決めたが、今回の穴あきダム計画については容認すると表明」と伝えられて
 いますが、川辺川ダムに十年以上関わった者から見れば、「知事が白紙撤回を決めた」とか「知事が容認する」とかの報道は、およそ実態からかけ離れています。
  ダム撤回やダム撤去を勝ち取ったのも、穴あきダムを容認するか否かを決めるのも何より漁業権を持つ漁民の取組み及びそれを支える市民の運動です。知事は、
 状況を見ながら保身目的で判断するだけの風見鶏に過ぎません。
  川辺川ダムの報道は、上関原発ボーリング調査の報道と同質です(HPの「上関原発計画」の頁を参照)。
  マスコミは、長周新聞を除いて、釣り漁業によって調査ができない状況を、「漁民の抗議行動」によって調査ができなくなっているとしか報道しません。そのよう
 な報道しかされないのは、権力が、民衆の権利によって事業の可否が左右されることを国民に知られたくないからであり、そのような権力にマスコミが忖度している
 からです。新憲法で「国民主権の国」になったはずですが、権力は戦前同様「お上主権の国」であることを望み、そのような意識を国民に根付かせるような報道しか
 させないのです。
  お上が事業の可否を判断し得るような報道には眉に唾を付けて接し、真実を探っていただきたいものです。一人でも多くの国民がそのような姿勢を持つこと、及び
 全国各地で「権利に基づく闘い」が展開されることで、「国民主権」の国が次第に勝ち取られていくはずです。

◇2020年11月29日
 1.たんぽぽ舎MLニュースNo.4089
  たんぽぽ舎MLニュースNo.4089に拙稿「権利に基づく闘い その14」が掲載されましたので、次に紹介します。
  球磨川漁協総会が、私見を県にファックスで送ることにより中止になったこと、また、上関原発についても川辺川ダムについても、マスコミ報道が「国民
 主権」でなく「お上主権」の報道になっていることなどを論じています。
  たんぽぽ舎MLニュースNo.4089

◇2020年12月6日
 1.「過去の取組み」のコーナーを設け、「川辺川ダム問題1999年~」を掲載
  今までHPには「最近の取組み」のみを掲載してきましたが、「過去の取組み」のコーナーを新設し、早速、前回の川辺川ダム問題への取組みを「川辺川ダム
 問題1999年~」として掲載しました。前回のファイルの量は膨大ですので、主要なものだけ少しずつ載せていく予定です。
  前回は、漁業権の初めての収用がなされようとしたのですから、歴史的にも貴重な資料になると思います。
 2.流域治水と穴あきダム
  知人の土木技術者の方が建設通信新聞12月3日の川辺川ダム記事を送ってくださいましたので、次に掲載します。
  建設通信新聞2020.12.3

  報道内容ですが、「流域治水」とダムは、そもそも矛盾するように思います。
  「流域治水」は、従来「総合治水」と呼ばれてきた方式で、私はかねてから優れた方式だと思っています。武田信玄の霞堤は、今でも各地に残されて治水に貢献
 していますが特に優れていると思います。ハードな施設は、想定内の雨量なら有効ですが、想定外の雨量の場合にはかえってマイナスになりかねないように思います。
  最近、起こり始めた線状降水帯のような新現象には、流域治水のほうがいいように思います。
  上掲記事は、流域治水を評価しながら、同時に穴あきダムも必要かのように報道していますが、(穴あきダム+流域治水)と「穴あきダムなしの流域治水」では、
 治水に必要な流域面積が少し増えるだけのような気がします。
  とはいえ、治水に関しては素人談義の域を出ませんので、信頼する今本博健先生の判断を信用するようにしています。
 3.被災者ほどダムを望んでいない
  地元以外からは意外に思われるかもしれませんが、球磨川水害の被害者ほどダムを望んでいないそうです。それどころか「市房ダムの緊急放流がなくてよかった」と
 いう声が多いようです。
  今本先生もそう言われていましたが、先生によれば「それだけ球磨川の恩恵を感じてきた人が多いということ。だから支援したいという気持ちになる」ということで
 した。
  1999年から2,3年、球磨川流域の各地で漁民・住民と学習会を重ねましたが、洪水時のことを語る時、漁民・住民が生き生きと嬉しそうに語ることに感心しました。
 床上浸水しそうな家に集まり、「もっと上がれ、もっと上がれ」と言うのだそうです。床上浸水すると、床の上にアユがピチピチ跳ねるので、みんなでそれを採って、
 分けあったのだそうです。洪水が地域の生活様式の中に折り込まれ、洪水が楽しみでもあったのです。
  球磨川上流に市房ダムができて、そのような地域文化は一変しました。大雨時にダム自体の損壊を防ぐために緊急放流がされ、水位がいっぺんに上がって甚大な被害
 をもたらすようになったからです。
  球磨川流域では、ダムは緊急放流をもたらす恐ろしいもの、という意識が市民に染みついています。球磨川水害の被災者がダム必要論に傾かないのも、市民が球磨川
 の恩恵を感じてきたから、また、ダムの怖さを肌で知っているからだと思います。
  次に、市房ダムの緊急放流を心配する球磨川流域住民の声を伝えている記事を掲げます。
  川辺川ダム 住民が心配する緊急放流

◇2020年12月27日
 1.静岡新聞記事[川辺川特集]
  静岡新聞「サクラエビ異変」取材班が川辺川ダム計画が復活した球磨川流域を訪ねて取材した記事を次に掲載します。
  球磨川水害を理由として川辺川ダム計画が復活しましたが、球磨川水害の被災者は決して川辺川ダム建設を望んではないことが分かります。
  静岡新聞2020.12.24[川辺川特集]

◇2021年1月4日
 1.東京新聞記事「球磨川のマス 再起の象徴に」
  ニジマスの大型改良種を「球磨川大鱒」としてブランド化する計画が球磨村で進んでいますが、宇都宮市から移住して計画の中心メンバーとなっている斎藤氏
 が川辺川ダム計画の復活を心配されているそうです。東京新聞の記事を次に掲げます。
  東京新聞2021.1.4「球磨川のマス 再起の象徴に」
  球磨村は昨年の球磨川水害を最もひどく受けた村ですが、球磨川による恩恵も受けてきたということだと思います。

◇2021年1月8日
 1.『奇跡の二つの吊り橋』
  小鶴さんから『奇跡の二つの吊り橋』という本が送られてきました。
  2010年球磨川水害について、国の検証委員会の検証内容を批判し、穴あきダムの必要性を否定した本です。
  今本博健京大名誉教授の論文、大熊孝新潟大名誉教授の論文が掲載されているほか、岐部明廣氏の市民の実感に基づく論が記されています。田副雄一氏の写真・漫画
 も秀逸で楽しめます。
  表紙(表裏)、及び奥付けを次に掲げます。
  岐部明廣編著『奇跡の二つの吊り橋』